【初心者必見】Googleアナリティクスの導入方法と連携の仕方

新しく立ち上げたブログにGoogleアナリティクスの導入方法と連携の仕方をご紹介します。

  • アナリティクスをゼロから導入したい
  • ブログを始めたばかりで何がわからないかもわからない
  • とりあえず早く必要最低限の設定を終わらせたい!

という方には特にぜひお読みいただきたい内容とです。

ここでは初心者の方にとって必要最低限な設定だけをお伝えするので、ぜひ最短で初期設定を終わらせてしまいましょう!

Googleアナリティクスとは

アナリティクスとは、Googleが公式に運営している、無料で使えるWEBサイトのアクセス解析ツールです。

  • 日々のサイトの訪問者数
  • リアルタイムでのアクセス数
  • 訪問者のサイト内での滞在時間や離脱率
  • サイト訪問者の流入源
  • サイト訪問者の年齢層や男女比や居住地域
  • サイト訪問者の使用媒体(PCかスマホかタブレットか

など、サイト訪問者の行動や属性を具体的に知ることができるツールです。

アナリティクスのアカウントを取得しよう!

1.アカウントの設定

アナリティクスのアカウントを設定するためのページへ行きます。

アカウント作成ページはこちら

残りの項目はすべてチェックをつけたままで「次へ」をクリックします。

2.測定の対象を指定する

ブログやホームページに対してアナリティクスを設定する場合は「ウェブ」を選択して、「次へ」をクリックします。

3.プロパティの設定をする

  • ウェブサイトの名前:自身のサイト名
  • ウェブサイトのURL:URL(SSL化をしていたら「https://」に変更)
  • 業種:最も近そうなものを選択する
  • レポートのタイムゾーン:住んでいる地域を選択する

ここまで設定ができたら「作成」をクリックします。

4.アナリティクスの規約に同意

まず居住地域を選択し、各種同意のボックスにチェックを入れ、最後に「同意する」をクリックします。

これでアナリティクスのアカウント登録は完了です!

WordPressブログにアナリティクスを連携する

規約に同意ができたら、トラッキングIDとグローバルサイトタグが表示された画面に自動で切り替わります。

これらのIDやコードを使うことで、運営するサイトとアナリティクスを連携させることができ、サイトのアクセス情報などのデータを取得できるようになります。

注意

WordPressのテーマによっては、テーマ固有のアナリティクス連携方法がある場合もあります。使用しているテーマのマニュアルがあればそれをチェックしたり、「テーマ名 アナリティクス」等で検索することをオススメします。

トラッキングIDを使って連携させる

トラッキングIDを使って連携させる場合は、「All in One SEO Pack」や「SEO Simple Pack」などのプラグインを用いることが一般的です。

ポイント

使用するWordpressテーマによっては、All in One SEO PackなどのSEO対策プラグインとの相性が悪い可能性があります。まずはご使用のWordpressテーマのマニュアル等を確認しましょう。

トラッキングコードを使って連携させる

まずアナリティクスの管理画面から赤枠で囲ったトラッキングコードをコピーします。

SANGOを使用している場合

WordPressテーマ「SANGO」を使用している場合は、「外観>カスタマイズ>詳細設定」と進みます。

「headタグ内にコードを挿入」というところに先ほどコピーしたコードを貼り付けて、保存をしたら終了です。

JINを使用している場合

WordPressテーマ「JIN」を使用している場合は、ダッシュボードから「HTML設定」を選択します。

赤枠で囲った「head内」というところに先ほどコピーしたコードを貼り付けて、保存をしたら終了です。

 

Googleアナリティクスはブログを運営していく上で欠かせないツールです。

アナリティクスを毎日チェックして、日々のアクセス状況を知ることで、効果的で戦略的なブログ運営が可能になります。