プロフィール

hiroko

はじめまして!hirokoです。

 

数あるブログの中から、当サイトに目を留めていただきありがとうございます!

私は双極性障害を20年近く、そして乳がんを患っており、治療しながら生活しています。

これまで双極性障害と闘いながら会社員として働いてきましたが、体調不良になることが多く、休職や退職をしながら頑張っていました。

そして3度目の休職中に自分ががんであることがわかり、治療することになりました。精神病を患いながらの抗癌剤治療はどうなるのかと大変不安になりましたが、医師のサポート等もあり無事に終了することができました。現在は経過観察中です。

「こんなに病気で辛い毎日なのに会社に行くなんて!」と嘆いていたところ、ブログに出会いました。

ブログを書くだけで収入を得ることができることも知り、毎日安定して生活できない私にはぴったりなのではないかと思い、始めたのがアフィリエイトでした。

はじめは苦労しましたが、しっかりとインプットとアウトプットの繰り返しをしているうちに収益があがってきました。

今では体調と相談しながらPCに向かうことができています。

 

うつ病やがんになってしまうと、現在勤務している会社を退職せざるを得ない場合も出てくるかと思います。そして転職しようにも体が言うことを聞いてくれないのでなかなか働けないという無限ループに陥りがちです。

ですが、ブログはそんな体調不良のときでも取り組めるものです。元気があるときに書けばいい、そんなマイペースに働くことができるツールなんですね。

病気と闘いながらでも働くことができる、マイペースに働くことができることをお伝えしたいです。

会社というしがらみから開放されて、マイペースに生きていきませんか?ぜひ始めてみてください!

 

私について

双極性障害のきっかけは、二十代前半に対人関係の悪化により、うつ病を発症します。

その後休職・転職を繰り返して、

35歳のときに双極性障害(躁うつ病)へ診断名が変わりました。

 

33歳から躁状態となり、クレジットカードで買い物をたくさんして借金をしてしまいました。

心の状態も安定しておらず、自殺願望も当時はありました。包丁を振り回すような事もあったそうです。

しかし、双極性障害の治療薬により症状が安定しました。

 

その後何とか仕事復帰したものの、再度悪化して

現在に至ります。

 

 

双極性障害と同時に、婦人科系疾患も発症します。

二十代では、生理痛に悩みピルを試しますが、

副作用がありやめました。

 

その後も、生理痛に不正出血に悩みます。

そして生理がなかなか終わらず、

婦人科へ受診した事頃から、大出血へなっていき、貧血を起こします。

 

最終的には子宮筋腫(粘膜下筋腫)が見つかり、手術で子宮全摘手術をします。

しかし、手術中に膀胱と尿管が損傷する、出来事があり、大変な手術となりました。

経過は問題ありません。ただ、輸血をしたため献血にはいけなくなってしまいました。

 

 

手術をしてから、しばらく経つと、双極性障害の薬の副作用により、

更年期のような症状が出る、甲状腺機能低下症になり、現在も治療中です。

1つ治るとまたどこかが悪くなる、、、そういった状態が続いています。

 

 

 

ようやく体調が安定してきた中、2018年夏に乳がんであることがわかりました。

ステージは2。サブタイプはトリプルネガティブ。

 

手術を経て、抗癌剤治療をしています。

ようやく新しい一歩を踏み出そうとした最中の出来事でしたが

ヨガをしていたせいか、がんを素直に受け入れる事ができました。

 

よく癌=死をイメージする方も多いかと思いますが、

現代病であるがんは生活習慣病の一つだと私は捉えています。

ヨガの中にある瞑想、これで私の考え方は変わりました。

そして救われました。

病気についての詳細はこちらから